流れに身を任せて

世界は今まで完全だったし、これからも完全なのだ

焦り

頭の中に焦りがちりちりと燃えている。

何の焦りなのだろうか。

これからの人生何不自由ないのだ。

今のところ実家で年金暮らし。

きっと将来は生活保護

何の焦りもないのだ。

でも焦っている。

だから記事を書いている。

何かを書くことで焦りが穏やかになっていくのがわかる。

だから書いている。

頭の中で二人の格闘家が戦っている。

殴り合い、取っ組み合い、血を流している。

汗がすごい噴き出ている。

終わることがない戦い。

頭の中で起こっていることを片目をぎゅっと閉じて絞り出す。

平穏な何かなときはない。

いつも何かが戦っている。