流れに身を任せて

世界は今まで完全だったし、これからも完全なのだ

はじめまして。双極性障害のアメスピです。

僕が双極性障害と診断されたのは今からちょうど10年前の夏。大学三年生の時でした。

他者とのコミュニケーションが苦手でお道化ることでしか接することができず、これから社会に出ていってどうすればいいのかと悩んでいた時に急にテンションが上がり出して気が付いたら精神病院のベッドの上でくくりつけられていました。

気分の変調は中学生の時からあり、一年で30日休んだ事を担任にとがめられた記憶があります。

今は投薬治療も行っており当時ほど気分の波はありませんがそれでも多少落ち込んだり、少しテンションが上がったりすることがあります。

つい先日軽く躁状態だったときにネットで彼女を作ってしまい、あれよあれよと将来の話(結婚とか)になってしまって、気分が落ち着いたときにあんな約束してしまってどうしたらいいんだ、そうだまずは就職だ、でも就職してまたひどい躁状態になって彼女に迷惑をかけてしまったらどうしよう。などと考えてしまって半ばパニック状態になって彼女との連絡を一方的にシャットアウトしてしまいました。

それから数日たちますがその事に罪悪感をもちしばらく軽い鬱状態でした。

でも終わってしまったことは仕方ない。そう思って彼女の事は躁でやらかしたでき事と割り切って自分を責めないようにしようと思っています。

ちなみにfxを2014年からやっていて少しだけプラスになっています。これからはのんびりfxをしながら日々思ったことなどをブログで書かせてもらおうと思います。