明るく!楽しく!元気よく!

双極性障害を患い10年。今まで意識的、無意識的に世間を恨んで生きてきましたが、そろそろ考えを改めようと思って綴るブログです。

この世は虚しい

諸行無常だって昔から言われているのに何をそんなに頑張っているのだ? 生きて行くための金さえあれば十分じゃないか 俺は運良く社会のつまはじきものとして国から認められ障害年金をもらっているのでこれ以上何かをしようとは思わない もしも社会が俺を受け…

また衝動発作がでてる

何かをしたいという衝動が出た時はとりあえず記事にして文字にして発散している そうでないと窮屈な思いで胸がいっぱいになってうなだれてしまうから きっと躁鬱病はこの窮屈な状態にさいなまされる病気なんだろうな いままでそれをなんとかしようと新しく視…

ラーメンを食べたい

一つ向こうの駅によく行ってたラーメン屋がある 豚骨醤油のドン辛いラーメンだ たまに無性に食べたくなる でもめんどくさいが勝つ 自転車に乗ってまで食べに行くほどかと それにラーメンに800円もだす価値はあるのかと それならこうやってなんの意味もないブ…

無理をしない

無理はするな でも自分に負けるな 高校時代の部活で言われてた言葉だ 俺には自分に負けない事と無理をしないことの違いが判らなかった そのまま20台を送った 自分が情けない状態に陥っているのは自分にまけているからだ だからもっと頑張らなくちゃいけない …

ギブアップした方がさ楽でいいんだよ

なんのために大学に行って なんのために働くのか 意味なんてないんじゃない? みんななにかしら使命感を求めて 無理やり決めつけて自分はコレだって 俺にはそんなものがないって気づいてしまったんだよ そうすると人生行き当たりばったりで楽だ 一つのことに…

気だるい昼

やる事がないんだ 命令されるのも嫌なんだ だからなにもしないでくすぶった気持ちを記事に書く 指の動きが遅い だるさが後押しして体をゆっくり動かしてる 最近引きこもりもいいもんだと思うようになった 何しろ見栄を張らなくていい 二十代は見えな貼りっぱ…

浮かれた気分

今日は少し浮かれた気分 いつまで続くかわからないけれど ちょっと楽しもうと思う 浮かれた気分は以前ならだれかと共有したいと友達を誘って街に繰り出していたが 一人で楽しむのもそう悪くない 軽躁というほどではなくて ほんわかしている感じだ まったりく…

正気に戻る

たまに正気に戻る 正気に戻ったからと言って何か特別なことをするわけではない 日常を削り取っていくだけなのだ この正気は心に毒がないような感じだ まったりしてるといえばいいのだろうが しかしこの静かな状態も一時間もしない間に崩れ去ってしまう ぶつ…

人を恨んでいるんだろうか

あんなにもかわいがった後輩たち でも俺が苦しんでいても遠巻きにいるだけ どうしてなんだろう みんな助けてくれない でも当たり前か 医療でも救えない病気 でも医療でも救えないからこそ 助けてくれたっていいじゃないか 今日はどん底だ 毎日どん底だけど …

朽ち果てたい

最悪な朝だ 夢の中に戻りたい そしてマイスリーを飲む 自我が崩壊して何処かへ行って仕舞えばいいのに また朝が来た 現実に引き戻された 1日が長い 昨日より今日は間違いなく老化は進んでいる それだがその事実だけが救いだ もう希望も無くなって何処か遠く…

こんな暗闇ですっかり目が覚めてしまった

マイスリー酒デパス 不健康のどんぐらえだ それでも生きていかなければならないんだ 生きていかなければならない これはもう脅迫障のように襲ってくる いいかえれば当たり前の日常だ こんな夜中に独りぼっちでもブログを書くことでどこか人とつながれるんで…

深夜におきると不幸が迫ってくる

暗闇の中パソコンの光で目が覚めた 夢を見ていた ミュージシャンになる夢だ なんとも馬鹿げている 静かに暮らしたいと思っていた矢先にミュージシャンだ 俺には躁鬱の波があってもう静かに生きたい ただだだっ広い平坦な毎日を記事を書くことで少し彩を添え…

何もせず引きこもるのは苦痛だ

ただ在るだけでは生きて行くには苦痛だ 苦痛があるだけなんだ 自殺するという気持ちが起こることもある こんな世の中に産まれてしまったことを後悔して でも自殺にはとてつもないエネルギーが必要なんだ そのエネルギーを少しずつ記事を書くことによって減ら…

楽しい事を探し求めたけど

ないね もう全てに慣れっこになってしまったのかも 新鮮味がない 小学生の頃ファミコンでドラゴンクエストをやってた時のようなあの楽しさって子供の特権なのかな 楽しむ事をやめようと思った ただ日常を過ごす 淡々と過ごす 楽しみはなくても刺激は欲しい …

また平坦な日常がやってきた

友達とたこ焼きとビールを飲んできて一服 ベッドの上で横たわっている また平坦なのろりとした日常が押し寄せてきた だからといって何か行動を起こそうという気にもなれず惰性で記事を書いている 記事を書くことでこの気だるさから抜け出せれば良いのだがそ…

静寂な時間

静寂な時間は俺を追いやる 針の先ほど小さなスペースへ追いやる この現状を打ち砕くには飛ぶしかないのだ 針の先の何もない空間へ そして落ちているのか飛んでいるのかわからないまま上へ下へと 気が付いたらしょぼくれていた この先何があるかわからない 鬱…

エネルギーが固まっている

岩のように胸の中で固まっている カチカチなエネルギー いってるそばからドロッと溶けてきた そして肩のほうへと流れていく そんなことを繰り返している 人生なんてそんなもんだろう 就職して社会の歯車になるのが正しいなんて誰が言った そんなものただの洗…

平坦な毎日が崩れだす

ブログを書くことで平坦な毎日が崩れだし 色を伴って俺をアクティブにしてくれる もう記事を書き続けるしかないんだな 書く内容がそれほど大切なものでもないんだ ただ頭の中に流れる文字列をザーっと打ち込むんだ インターネットを触り始めて10年以上たつけ…

記事を書くたびに漲るなにかがある

躁うつ病と診断されて、自分は異常者だとレッテルを張られた気分だった。 それまで自分はいたってノーマルな人間なんだろうと思っていた。 しかしそうではなかったらしい。 そこで落ち込んでしまった。 大学の研究室も何か異世界のようで自分の居場所を感じ…

躁うつ病になって思ったこと

躁うつ病になってというか 生まれた時から躁うつ病だったと思っているんだけど なにかいつも自分の芯となるものがないなとは思っていた いわゆる他人に流されやすいというやつだ だからトラブルになるようなことはあまりなかった 自我と自我がぶつかり合って…

意識

雨降りびしょ濡れる 母親に怒られる不安と無邪気な楽しみのアンビバレントな気分 雨は凝り固まった精神を穿ち やがて穴をあける そこに風が通る そして水が流れる 散乱していた意識は集まり 濁流となり 精神は激しくうねりだす その時自分はさっきの自分では…

平穏なひと時

気持ちは穏やかだ 生きてると穏やかであるときがぽつぽつとある この状態がずーっとっ続けば躁うつ病ではないんだ だからまた鬱屈した時間、硬くて大きな岩を削るような時間を過ごす時が来る もう何度も何度も繰り返した 気分屋だからだ すぐ気持ちが変わる …

夢を見た

高校時代の青春の夢だ 楽しいひと時だった 起きた瞬間夢だとわかりまた平坦な1日が始まると嫌になってしまう どうしようもない現実 しかも悲しいことに起きている時間の方が寝ている時間より長いのだ だからもうこれは耐えるしかないのだ ただただ退屈を 退…

酩酊と覚醒

今酩酊状態にいる 一生酩酊で終わらせられたら 何度も言うように現実は平坦すぎるんだ 平坦な道のりは退屈で死を望む 酩酊錯乱の人生 望むべきかな しかし現実は永遠の酩酊を許さない 社会の平坦を作れと迫ってくる 躁うつ病は平坦を嫌う 俺は薬と酒を飲んで…

マイスリーの効能

マイスリーの効能は平坦な現実に空間的ゆがみを与えてくれる。 俺はそれを楽しんでいる。 本来就寝前に飲む薬だが、俺は逆に朝起きるとともに飲む。 なぜなら朝が一番平坦で暗澹としているからだ。 マイスリーを飲んでこのまま素晴らしい人生を送ろう。 そん…

マイスリーとビールを飲んだ

ここ最近毎朝起き抜けにマイスリーを飲む習慣がついている。 そして近くのセブンにいってビールとから揚げ棒を買うのだ。 これが一日の一番の幸せなのかもしれない。 今日は何をしようか。 考えなくてもわかっている。 パソコンの前に座って記事を書きながら…

ぶち壊したい

厚手のガラスをバットで叩き割りたい とにかくもうめったやたらに叩き割って粉々にしてしまいたい 鉛の弾をぶち込みたい 後頭部からぶち込みたい こちらは絶対安全なところから、そうスナイパーライフルで狙い定めてぶち込みたい 俺はどうしてしまったのどろ…

死にたい

死にたいと思う気持ちは ぽっと闇夜に提灯がつくかのように浮かび上がる そしてふーらふーらと山の中を行ったり来たりするのだ たまにいくつかの同じような提灯を持った人に出くわす きっと彼らも死にたいのだろう 最近は朝目覚めると毎日布団の中で死にたい…

向上心が自分を滅ぼした

高校三年生の時 大学受験を控え一日13時間の勉強を365日つづけた。 いい大学に入ればいい人生が開ける。 そう疑いもしなかった。 しかし大阪大学に入れて燃え尽きてしまった。 目標がなくなってしまったのだ。 ここからさらにステップアップして社会で栄達を…

自然体の自分

衝動が湧き上がってくるのも、うつ状態になるのも、平常心でいられるのも自然体の自分なのだ。 自分の価値を人に決められていたらいつまでたっても右往左往することになる。 今までは人の目線を気にしすぎた。 あるのかどうかもわからない社会の価値観にもそ…

ロヒプノールを飲んだ

今日は昼頃衝動が突き進んで何個も記事を書いた。 ちょっと疲れたとともに現実感に押し戻された。 現実感は楽でいいなと思う。 以前なら現実感は社会へ出て貢献しろと差し迫ってきてなんとも苦痛だったが、今はこのままでいいんだとすっと心に落とし込めてい…

また発作が出てきた

衝動という名の発作 こればかりはいつ起こるかわからなく、いつ終わるかもわからない。 だから発作が起きたら書く。 今たばこを吸っているのだがたばこを吸う暇がないほどタイピングしている。 今までこの衝動が沸いた時には俺はこの人生どうやって生きてい…

名誉欲

名誉欲とはどこから来るのだろうか。 人はなぜ威厳や名誉を欲するのだろうか。 ふと思ってみた。 そんなことを考えていたら日本にはあちらこちらに古墳があるなと思った。 古墳は自分の死後にも威厳を保つためにあるのではないのだろうか。 また承認欲求が膨…

言葉遊び

山奥で見つかったイルカの壁画 プルトップの無い缶コーラ 水平な滑り台 水しぶきを上げる灌木 綿密に計画された抽象画 生への渇望からくる無力感 籠のない玉入れ 疾走するナマケモノ

成功のサイズ

人生においてまず成功とは何なのだろうか。 高校、大学のころは金、女、名声といったものにしか焦点がいかなかった。 今30になって何か違うなと思うようになった。 そしてそれは人によっても違うなと思うようになった。 俺の場合は流動性だ。 思考の流動性…

心が躍っている

心だけが踊っている。 頭は至極冷静なのに心だけが踊っている。 この気持ちの吐き出しようがない。 記事を書いても書いてもおさまらない。 表現しても表現してもおさまらない。 表現できるものでは到底ないということなのだろうか。 これはきっと衝動という…

遮二無二

ふと遮二無二という言葉が頭に浮かんだ。 どういう意味なんだろう。 検索するのもめんどくさいや。 記憶の中で勝手に照らし合わせる。 この居づらさはいつまで居座り続けるのだろうか。 自分で何とかできるものなのだろうか。 タイピングが加速する。 これが…

居づらさ

また居づらさが襲ってきやがった。 自分の家、自分の部屋、自分の机の前にいるのにこの居づらさは一体何なんだ。 じっとしていられない。 どこかへ運んで行ってもらいたい。 猛スピードで駆け抜けたい。 じりじりと居づらさは心臓のあたりを責めつけてくる。…

二つの雨

雨音を聞くとき二つの気持ちに分かれる 憂鬱、恵 憂鬱を感じるのは今に始まったことではないがここ数年多い気がする。 雨のにおいも感じられずただ憂鬱なのだ。 きっとこの雨たちは排水溝に流れて下水道に吸い込まれていくのだろう。 俺も下水道でうずくまっ…

夏模様

木々が生い茂っている。 ついこの間までは桜が満開だった記憶がある。 あれからもう二か月以上たっているのだ。 早いものである。 高校生の頃の二か月は長かった。 振り返ってもう二か月たったのかと思うと何かすごい量の時間を経た気になったものだ。 今生…

この世の幸せとは何だ

この世の幸せ それは人によって様々だろう だが俺は支離滅裂で忙しいことこそがこの世の幸せなのではないかと思う ここ数年自ら躁鬱病を治そうと静かな生活を望んだ しかし病状は収まらず、その様は生き地獄だ だから今の状態から少しでも脱出するために記事…

焦り

頭の中に焦りがちりちりと燃えている。 何の焦りなのだろうか。 これからの人生何不自由ないのだ。 今のところ実家で年金暮らし。 きっと将来は生活保護。 何の焦りもないのだ。 でも焦っている。 だから記事を書いている。 何かを書くことで焦りが穏やかに…

がらくた

頭の中ががらくたでいっぱいだ どんだけとりのぞいてもまたがらくたはやってくる そのがらたの重さに耐えきれず鬱になったり躁になったりしている このがらくたはどこから来るのだろうか きっと平凡な日常と俺が望むスピーディーなものとの差異がガラクタと…

砕く

朝起きたら丸い物体がくらい宇宙に細かく分裂されて拡散されていった。それを俯瞰的に見ている自分がいた。これは俺の願望なのだろう。世界が細かく小さくなっていけばいいのにという。そしてその残片はキラキラと輝いていた。こうあるべきなのだ。地球とは…

逃げ

早朝。マイスリーを飲んで酒を飲んで横たわっている。逃げようと思って飲んだマイスリーだが、この状態からも逃げようとまた文章を書きなぐっている。頭の中は夜だ。海と海辺で釣りをしている人がちらほらいる。釣れますかなとどとは聞ける精神状態ではない…

デパスとリスパダールを飲んだ

今日は今年初めての梅雨らしい天気。 朝起きてみたら心がざわついていたのでリスパダールを服用。 それでもまだ落ち着かないのでデパスも服用。 双極性障害の特徴なのか何かしたい、じっとしてられないという思いがある。 でも就職したら躁鬱がやってくるだ…

障害年金をもらっている今

実家住みで月2万円家に入れて残った四万円をお小遣いとして生活している。 近くにコンビニがあるのですぐ弁当などを買ってしまうのが良くないんだろうな。 あっという間に減ってしまう。 健康面も考えてコンビニ弁当を買うのは止めよう。 でも鬱になるとこの…

整形外科に行ってきました。

先週の火曜日ごろから左足の人差し指の付け根が痛むので病院に行ってきました。 これといって原因がわからず、知らない間にぶつけたのかなと思っていました。 しかしテレビで痛風の事をやっていて丁度足の指の関節のところが急に痛みだす、ということを言っ…

はじめまして。双極性障害のアメスピです。

僕が双極性障害と診断されたのは今からちょうど10年前の夏。大学三年生の時でした。 他者とのコミュニケーションが苦手でお道化ることでしか接することができず、これから社会に出ていってどうすればいいのかと悩んでいた時に急にテンションが上がり出して気…